こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

iPhone

アイクラウド写真はパソコンに保存して削除してストレージ確保!

投稿日:2020年2月21日 更新日:

iCloudストレージの保存容量がいっぱいになってしまう!!

そんな事態になった経験は皆さんあるかと思います。

有料の iCloud ストレージプランにアップグレードした方がいいのかな・・・・

でも、お金払うの嫌だなあ・・・・

と思いますよね(汗)。

私の場合、「写真」がストレージ容量を占有しています。

私は「iCloud写真」をオンにしているので、iPhoneで撮った写真は自動的に「iCloud写真」に保存されています。

なので、iPhone本体の写真や動画を削除しても解決しません。

iCloud写真をオンにしていると、iPhone内で写真を削除したとしても、その画像はiCloudに残ってしまうからです。

容量が足りなくなってきた場合は、iPhone内ではなくiCloud に保管している写真を整理しないと効果がないのです!

iCloud に保管しておかなくてもよい写真やビデオを、コンピュータに転送して対処しましょう!!!

  

iCloud写真に要しているストレージを確認

まずは、アイクラウドのストレージで写真がどれだけ圧迫しているのかを見てみましょう!

iPhoneで、「設定」→「自分の名前」→「iCloud」をタップしていくと、自分のiPhoneのストレージの使われ方を確認することができます。

写真が大きく圧迫しているようでしたら、iCloud写真を削除することをおすすめします。

iCloud写真を確認し、パソコンに保存する

①パソコンで「iCloud.com」にアクセスする

iCloudはこちら

②「Apple ID」と「パスワード」でサインインする

③「2ファクタ認証」をする

サインインすると、iPhoneに6桁の数字が届くので、その数字を打ち込みます。

④iCloudの画面になるので、「写真」をクリックする

⑤パソコンに保存したい写真を選択する

200項目くらい選択してダウンロードしようとしたら、途中でエラーになってしまったので、100項目くらいでこまめにダウンロードしたほうのが無難かもしれません。

⑥右上の「雲で↓のマーク」をクリックする

写真とビデオの合計107項目(191MB)分を選択し、ダウンロードしたら、大体20分くらいかかりました。

(実際は30分かかると表示されていましたが、20分くらいで終わりました)

⑦ダウンロードが終わったら、左下の「iCloud Photos.zip」をクリックする

「iCloud Photos」というファイルがパソコン上に自動的に作られ、iCloudからダウンロードした写真やビデオがパソコンに保存されました!

これで、iCloud写真の写真がパソコンへ保存することができました。

パソコンに保存されたのであれば、iCloud写真にその写真を保存しておかなくて平気になりますね!

iCloud写真の削除の仕方

大事な写真を失わないように、パソコンに保存されたのかを確認してから、行いましょう!

①パソコンのiCloud写真の中で削除したい画像を選択する

②右上のごみ箱をクリックする

③削除しますか?の質問が出るので、削除をクリックする

④左側のライブラリの「最近削除した項目」をクリックし、すべて削除をクリックする

そうしないと、40日間削除されずに待機してしまい、ストーレージを消耗してしまいます。

これで、iCloud写真の写真を削除できました!

消すのは簡単です。

削除することによって、若干iCloudのストレージに空きが出ました!

まだ、消去できる写真はたくさんあるので、パソコンに移してどんどんiCloud写真を消去していきたいと思います。

まとめ

iPhone内で大切な写真をうっかり削除してしまっても、iCloud写真には残っていますので、そんな時にも役立ちます。

ストレージの管理は大切ですので、大切な写真はパソコンに移したり、不要な写真はiCloud写真上で削除したりしましょう。

iCloud ストレージが容量不足になると、iCloud にバックアップされなくなります。

つまり、新しい写真やビデオも iCloud 写真にアップロードされなくなるということです(汗)。

いざ、iPhoneが故障してバックアップしようとしたときに、かなり古いデータでバックアップすることになってしまいますので、気を付けましょう!

-iPhone
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。