こども・ママ・元気

こどもとママが元気なら、家族も元気に!子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

白菜は栄養あるんです!~生・茹でる・冷凍による栄養の違い~

投稿日:


スポンサードリンク

鍋と言えば、白菜!

美味しいですよね!!

でも・・・

白菜の栄養に関しては、そんなに期待していない人が多いと思います。

ですが、栄養豊富で低カロリーなんですよ!

ダイエットにも最適!

今回は、白菜の栄養についてまとめました。

  

生の白菜の栄養

白菜は95%が水分なのですが、残りの5%にギュッと様々な栄養素を含んでいます。

水分95%・・・栄養が少ない!?と感じますが、人間には水分が大切です。

飲み物だけではなかなか必要な水分を摂取できていないことが多いので、白菜で水分を摂取することは大切なことなのです!

また、白菜は精進料理の中で、特に食べたい健康維持に欠かせない食材3つの中に選ばれている食材なのです。

白菜の主な栄養素

ビタミンC・・・風邪の予防、ストレスの軽減、免疫力アップ、疲労回復

カリウム・・・高血圧の予防

カルシウム・・・骨や歯の主要な成分

マグネシウム・・・血圧調節

亜鉛・・・皮膚を守る、脱毛の予防

葉酸・・・身体の発育をサポート

食物繊維・・・腸内環境の改善、コレステロールの排出

内側の葉よりも外側の葉と芯の方にビタミンCが多く含まれています。

加熱すると壊れてしまう栄養素もありますから、白菜を生で食べるのが一番栄養を摂取することができます

鍋で使う時よりも細かく切り、サラダにしたり浅漬けにしたりすると美味しいですよ!

生で食べても毒性はないので、大丈夫です。

水に栄養が出てしまうので、切った後に水に浸けておかないようにしましょう!

白菜を茹でると栄養はどうなる?

鍋の白菜は格別!

美味しいので、鍋やスープに入れて食べたいものです。

心配な点は、加熱することでビタミンやミネラルが壊れやすくなるところだと思います。

カルシウムはスープに流れ出てしまいます。

白菜を加熱するとカリウム、ビタミン類、葉酸の量が減ってしまいます。

長時間煮込めば煮込むほど、栄養価が減るので、長時間煮込まずに、しゃきしゃき感が残るくらいでいただきましょう!

また、水溶性の栄養がスープに出ていしまっているので、スープも一緒にいただきましょう!

生で食べるよりも、茹でたほうが量を食べることができるので、そう考えると、とんとんかもしれませんよ。

また、低カロリーなので、ダイエット中でも気にせずにお腹いっぱい食べることができますね!

白菜を冷凍したら栄養はどうなる?

白菜って、1度で食べきれないことが多いですよね(汗)。

そんな時には、冷凍が便利です!

そして、気になる栄養価ですが、冷凍しても殆ど変わりません!!!

食べやすい大きさに切って、ジップのある袋に入れて冷凍すればいいのです。

鍋やスープに使う時は、凍ったまま入れればいいので、とても楽です。

食感は若干変わりますが、味は殆ど変わりません。

デメリットとしては、生サラダで食べることができなくなることです。

自然解凍しても、生では美味しく食べることはできません。

まとめ

生が一番栄養価が高いのですが、短時間茹でてスープ事食べるのであれば、そんなに栄養価を下げずに食べることができます。

そして、凍しても良し、いろいろな具材ともすぐマッチする白菜。

嬉しいのが低カロリー低コスト!

白菜に多く含まれるはダイエットにもとても大切なんです。

詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

体脂肪減・代謝アップする食べ物15選

是非とも、いろいろな料理に使用して、美味しくいただきましょう!

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。