こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

汚れの落とし方

油性ボールペンの染み抜きや汚れの落とし方!漂白剤では落ちないよ!

投稿日:2019年5月17日 更新日:

 

 ボールペンは、日常でよく使う筆記用具です。

よく使うからこそ、汚す機会も増えます。

ワイシャツのポケットにボールペンの先が出たまま閉まってしまい、気が付いたら、ポケットの中に汚れがたくさんついていた・・なんてよくあります。

気が付かない間に、袖口にインクが付いてしまっている時もあります。

机やテーブル、大切にしている革製のかばんにもついてしまうことがありますね・・・。

気が付いた時は、何気にショックは大きいです。

洗える洋服についてしまったから、

とりあえず漂白剤!

と思ってつけおきしても、思ったように汚れが落ちません。

漂白剤で落ちなかったら、捨てるしかないのかと思ってしまいますよね・・・。

目立つところにボールペン汚れがついてしまったら、諦めて捨ててしまおうかと思った人も多いのではないでしょうか。

でも、諦めないでください!!

ボールペンに効くのは、漂白剤ではないのです!

ボールペンを付けてしまった物によって、染み抜きの方法があります。

捨てる前に、試す価値のある染み抜き方法をご紹介します。

  

洗える布についた油性ボールペンのシミ抜き方法

用意するもの

・消毒用エタノール

・当て布

・古い布

・スポンジ

・洗剤

・お湯(40~60℃)

手順

①裏から当て布をして、お湯を含ませた古い布で、シミを落とします。

②シミに、消毒用エタノールを含ませたスポンジでシミを落とします。

③お湯に洗剤を溶かし、スポンジでシミを落とします。

④いつも通り洗濯します。

※消毒用エタノールは、色落ちの原因になったり、布を傷めたりすることがあるので、必ず目立たないところで試してからお使いください。

外出中など、染み抜きの材料が手元にない場合の応急処置

シミにヘアスプレーをかけ、お湯を含ませた布でシミを落とします。

ヘアスプレーのかわりに、赤ちゃんのおしりふきアルコール入りのウェットティッシュマニキュアの除光液も有効です!

しかし、ボールペンのインク以外の色落ちの原因になる可能性もありますので、気を付けてください。

皮革製品についた油性ボールペンのシミ抜き方法

用意するもの

・牛乳

・お湯

・古い布

・スポンジ

手順

①牛乳を含ませた古い布で、シミを落とします。

②お湯を含ませたスポンジで、シミを落とします。

③乾いた古い布で、水分をよくふき取り、乾かします。

※試すのに躊躇するような高級品や大切なものであれば、クリーニングでプロにお任せすることをおすすめします。

インテリアの布についた油性ボールペンのシミ抜き方法

用意するもの

・消毒用エタノール

・当て布

・古い布

・スポンジ

手順

①クッションカバーなど外せるものは、外します。

 カバーが外せなくても、裏から当て布ができる場合は、裏から当て布をします。

②消毒用エタノールを含ませた古い布で、シミを落とします。

③水を含ませたスポンジでシミを落とします。

④乾いた古い布で、水分をふき取り、乾かします。

※消毒用エタノールは、色落ちの原因になったり、布を傷めたりすることがあるので、必ず目立たないところで試してからお使いください。

壁紙や机についた油性ボールペンのシミ抜き方法

用意するもの

・消毒用エタノール

・古い布

手順

①消毒用エタノールを含ませた古い布で、シミを落とします。

②乾いた古い布で、水分をふき取り、乾かします。

※消毒用エタノールは、色落ちの原因になったり、傷めたりすることがあるので、必ず目立たないところで試してからお使いください。

まとめ

 何気に水性マーカーや油性マーカーのシミ抜きにも、消毒エタノールが有効です。

しかし、何度も書かせていただきましたが、

消毒用エタノールは、色落ちの原因になったり、傷めたりすることがあるので、必ず目立たないところで試してからお使いください!

また、シミ落としに失敗してしまったら困るような大切な洋服や皮革製品は、クリーニングでプロにお任せすることをおすすめします!

-汚れの落とし方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。