こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

【体験談】セラミックの歯にして16年!~値段・割れる・後悔~

投稿日:

約16年前、上の前歯を4本折ってしまい、セラミックの歯を入れました。

その折れた4本のうち歯の根っこも駄目にしたのもあり、ブリッジをしないといけないとのことで、合計6本を処置しなければなりませんでした。

また、その時期、皆さんの前で講演するなど人前に出ることが多かったのもあり、先ほどの6本を含め、見える範囲の歯合計22本をセラミックにすることに決めました。

その時は、

もともと歯並びが良かったので、歯を折ってしまったショックはあったのですが、

歯がきれいになるからうれしい!

という思いはありました。

芸能人も、多くの人がセラミックを入れていますよね!

あこがれる方も多いかと思います。

また、今は歯並びを治すため矯正として「セラミック」の歯にする方も増えているようです。

1日で、矯正できる!!

とも言われており、矯正は長い時間とお金がかかるイメージを覆したものと言えるでしょう。

気になるのは、

果たして、セラミックの歯を長く使ったらどうなるのか・・・・?

だと思います。

経験者でないとわかりませんね。

私は、セラミックの歯を使用し、約16年が経ちました。

約16年間、セラミックの歯がどんな感じだったのかをお伝えしようと思います。

  

差し歯の種類

保険適用内ですと、銀歯プラスチックを使った差し歯になります。

プラスチック素材ですと、何年か経つと変色してしまったり、すり減ってしまったりしてしまうのが悩みですよね・・・。

銀歯も・・・

奥歯なら目立たないしと思って入れてみると、笑うと結構目立ち気になってしまいます・・・。

そこで、きれいな歯をうたう「セラミック製」の歯が魅力的に感じます。

保険適用外なのがネックですが・・・。

セラミックといっても、種類があります。

「オールセラミック」と言って、金属を全く使わないものと、土台に金属を使いセラミックをかぶせた「メタルボンド」があります。

私の場合、前歯の一部ではなく、6本すべてを差し歯に変えなくてはいけなく、しかも6本が繋がった「ブリッジ」にするとのことで、強度が必要なので土台に金属を使った「メタルボンド」を使用しています。

他の16本もすべてメタルボンドです。

1本8万円くらいでした。

8万円×22本で・・・

176万円(涙)!

でも、16年前は、

一生歯がきれいを保てるのだから・・・

一生この歯が使えると思い込み楽観的でした。

セラミックの歯にしてよかったこと

・歯がきれい!

・経年による黄ばみがない!

この2点ですね!!

歯がきれいなのは、嬉しいものです。

セラミックの歯~後悔~値段編

セラミックにすると、まず歯がめちゃくちゃきれいになりますので、大満足することでしょう!

しかし、長年使うといろいろなことを感じます。

22本の歯がセラミックの歯になって約16年。

やっぱり・・・

16年前には、思いもよらなかったことがたくさんありますよ!

●上の前歯6本セットのブリッジは、16年の間に2回替えています。

なんせ、6本つながったブリッジなので、6本のうちどこかが悪くなれば、一気に6本とって処置しなければなりません。

それでは、どんなことがあって、交換せざるおえなかったのでしょうか!?

1回目:歯茎から膿が出るようになった

神経を取った歯の根っこにばい菌が繁殖したことにより、歯茎が膿んでしまいました。

なので、ブリッジを取って、その原因になった歯の根っこを掃除し、治療後、新しいメタルボンドのブリッジを入れなおしました。

ちなみに、前回のセラミックの歯のデザインが気に入っていなかったので、歯のデザインを気に入ったものに変えてもらいました。

2回目:よく覚えていないのですが、やはり歯か歯茎に痛みがあったので、処置するためにブリッジを取ったのだと思います。

また、治療終了後、新しいメタルボンドを入れました。

私の場合は、前歯は6本つながったブリッジでメタルボンドを使用しているので、6本のうちどこかが悪いと6本一気に交換しなければならないというリスクがあります。

8万円×6本で、48万円・・・・。

それが2回なので、48万円×2回で96万円が前歯のみで16年間のうちにかかっていると言うことです。

費用だけでも、恐ろしい話ですね!

特にブリッジで検討されている方は、ブリッジ内のどこかの歯が悪くなれば、すべて交換になると言うことを頭に入れておいてください!

セラミックの歯~後悔~割れる編

●セラミックが割れる

前歯のブリッジ以外の歯ですが、食事中に「ガリッ!」という音がし、割れたことがあります。

ちょっとではなく、大きく割れたので、交換以外選択肢なしでした。

前触れもなく、割れました!

これは16年間で2度です。

●歯の根っこが割れる

前歯のブリッジ以外の歯です。

神経を抜いた歯にメタルボンドしていたのですが、急激に痛みが走り、歯医者へ向かうと歯の根っこが割れているとのことでした。

やはり、神経を抜いた歯はもろくなりやすいので、差し歯を長期使用していると、根が割れてしまうことはよくあることだそうです。

私の場合は、割れた部分が3分の1だったので、抜歯までにはならず、土台とセラミックの作り直しでした。

これは16年間で1度です。

まとめ

セラミックは割れやすいので、就寝中は歯を保護するために「マウスピース」を使用しています。

寝ている間に、強くかみしめてしまい、セラミッや歯の根っこに負担がかかります。

マウスピースは、歯科で6000円くらいで作れます。

また、セラミックの歯にするには、大きく歯を削ると言う負担もあります。

そして、何らかの異常があったときに、そのセラミックの歯を外して治療し、新しいセラミックの歯に入れ替えます。

もちろん、割れてしまった時にも、新しいセラミックの歯に替えます。

治療のたびに、大きな金額がかかります。

これが、今後一生続くということを踏まえて、決断されるとよいでしょう。

また、大きく自分の歯を削ってしまっているので、

老後どうなってしまうのかな・・・・

と不安はいつも脳裏によぎります。

私の場合は、前歯の6本は、事故で折れてしまったのでセラミックにする選択はまちがえていませんでしたが、その他の歯はセラミックにする必要があったのかな・・・と後悔しています。

矯正として、セラミックの歯にしようとしている方は、たくさん歯を削りますので健康な歯を失うことに繋がります。

別の方法で歯を傷つけずに矯正できるのであれば、そちらをおすすめします。

老後まで見据えた決断をしてくださいね!

我が子には、私のような思いはさせたくないので、予防歯科をしっかりし、健康な歯で一生過ごせるよう教えていきたいと思います。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

爪が割れる原因はこれ!対策と栄養で美爪になろう!

 ストッキングやいろいろなところに引っかかって、はっと指を見ると、また爪が割れている・・・なんてことありますよね。外出先で爪が割れていることに気が付いた時には、無理やり引っ張って取ってしまうこともあり …

骨粗鬆症になりやすい人7選!原因を知って、予防と改善しよう!

 あなたは、「骨密度」の検査をしたことがありますか? 「骨密度・・・、どこかで聞いたことはあるけど・・・?」 と感じる方も多いと思います。 骨密度とは、骨全体のミネラル量(骨量)に対し、単位容積あたり …

旬の食べ物を食べて、子供たちと季節を楽しもう!食材60選

   旬の食べ物って、とってもおいしいですよね!  そして、旬の食べ物は、おいしいだけでなく、栄養価が高いです。  例えば夏野菜の代表のトマトは、年中購入できますが、やはり夏が一番栄養価が高くなります …

若者も注意!ヒートショックの予防対策11選と症状と対処 

寒くなってきましたね・・・。 ニュースでも「ヒートショック」が取り上げられる季節になりました。 「ヒートショック」は、高齢者が気を付けるものというイメージはありますが、先日のニュースでは20代の若者で …

インフルエンザの感染経路は?症状は?予防接種以外での感染対策は?

 インフルエンザウイルスはとても感染力が強く、日本では毎年11月下旬頃から12月上旬頃に流行が始まり、翌年の1~3月頃にピークを迎えます。  大切な用事やイベント、仕事など休むわけにはいかないものもあ …


幼児ランキング


健康法ランキング