こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

手足口病に感染、発症しました!発疹や症状の経過の写真まとめ 

投稿日:2019年11月14日 更新日:

先日、6歳の娘が初めて手足口病を発症しました。

周りに手足口病を発症した方がいなかったので、最初は娘の発疹が手足口病だとは思いませんでした。

夏から秋にかけて、保育園や幼稚園で流行る「手足口病」ですが、実際どんな感じで経過していく感染症なのか知らない方も多いと思います。

どのくらいの期間で治るのかも知りたいですよね。

人それぞれ違いはあると思いますが、娘の手足口病の症状の経過を写真を含めてまとめましたので、ご参考になればと思います。

  

手足口病とは

手のひら・足の裏・口の中に発疹ができる感染症です。

1週間から10日程度で自然に治ると言われています。

出席停止は、特に設けられていません。

熱がなくて、元気なら登校可能とされています。

手足口病の原因になるウイルス

コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型など

原因ウイルスは他にもあり、どのようなウイルスに感染したかで、引き起こされやすい合併症などは異なります。

子どもが発症しやすい感染症ですが、大人も発症する可能性はあります。

稀に重い合併症が生じることがあります!

下記の症状など気になることがありましたら、すぐに受診しましょう!

・ぐったりしている

・嘔吐

・頭痛

・高熱

・腹痛

・だるさが続く

●病院での診察

診察で発疹の症状を目で確認することで診断されます。

痛いことはされませんので、安心して受診してください。

ウイルスの種類を検査することは、しないことが多いです。

症状が悪かった場合はするかもしれません。

●治療

手足口病を治す治療薬は存在しません。

娘は、塗り薬のみいただきました。

●爪脱落

原因ウイルスの種類によっては、発症後1か月前後で爪が剥がれる場合があるそうです。

でも、すぐに新しい爪が生えてくるそうです。

手足口病経過報告

それでは、6歳の娘がどんな感じで手足口病を発症し、どんな経過をたどったのかをお伝えします。

①1日目:発疹ができる

娘が朝起きると、足のくるぶし辺りにぶつぶつがあると訴えてきました。

発疹は、その一か所のみで、他にはありませんでした。

若干痒みはあるようですが、我慢できないくらい痒いものではないそうです。

蚊に刺された感じではなく、連続で発疹ができていたので、毛虫のようなものに刺されたのかと思いました。

その日は、かゆみ止めを塗って、発疹が隠れるくらいの大きな絆創膏を貼って幼稚園へ行きました。

②4日目:発熱と口内炎

この日まで発疹は、足のくるぶし辺りのみでした。

しかも、日に日に発疹が小さくなっていたので、病院へは行っていませんでした。

娘は普段昼寝を全くしないのに、この日は昼寝をしていたので、異変を感じ、熱を測ると微熱でした。

そして、夜に唇が痛いと言うので見てみると、口内炎が!

発疹の数は少ないのですが、足と口だったので、手足口病かも!?と疑いました。

③5日目:病院へ行く

朝になっても微熱があったのと、手足口病の可能性がありそうだったので、受診しました。

やはり「手足口病」との診断でした。

飲み薬はないとのことで、発疹用の塗り薬を出していただきました。

④6~8日目:幼稚園欠席・たくさんの発疹

微熱が続いていたので、欠席しました。

微熱なので、本人は元気です。

この3日間で、手や足の甲、お尻に発疹がたくさんできてしまいました。

画像では見にくいのですが、右手首にも発疹は広がっています。

でも、塗り薬を塗ると発疹は次の日には結構小さくなりました。

舌にも炎症ができ、それがかなり痛いようで、食事があまりとれなくなりました。

舌の左右の端が赤くなっていました。

⑤9日目:登園

発疹は、ほとんどなくなりましたが、よく目ればうっすらとある感じはあります。

舌の炎症もだいぶ良くはなっていますが、若干食事の時に痛みがあるようなので、給食前に早退することにしました。

⑥11日目:完治

手足口病の予防

①手洗い・うがいを丁寧に行う

感染者の鼻水や唾液、便から排出されるウイルスが、経口・飛沫(くしゃみ等)・接触などにより感染します。

どこからウイルスが自分の手等に付着しているかわかりませんので、特に食事の前には必ず手洗い、うがいをしましょう。

②手足口病を発症している人が身近にいたら、箸やタオルを共有しない

まとめ

思った以上に長かったです。

熱が出ない子もいるそうですが、娘の場合は熱が出た後に発疹がたくさん出ました。

でも、塗り薬を塗っていれば、すぐに発疹はよくなります。

そして、発疹を痒がったり、痛がったりすることは殆どありませんでした。

手足口病に関する飲み薬がないと言うことで、いつ治るの・・・と不安になりますが、合併症の症状がないようでしたら、時間の経過を待っていれば治ります。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

健康診断は無料の場合が多い!申し込み方と健診内容と目的

 みなさま、健康診断は受けていますか? 私は職場の健診を毎年受けています。 病気は初期にはほとんど自覚症状がないものが多いので、自分の健康状態を知るために受けています。 子供のために、家族のために、マ …

インフルエンザの感染経路は?症状は?予防接種以外での感染対策は?

 インフルエンザウイルスはとても感染力が強く、日本では毎年11月下旬頃から12月上旬頃に流行が始まり、翌年の1~3月頃にピークを迎えます。  大切な用事やイベント、仕事など休むわけにはいかないものもあ …

若者も注意!ヒートショックの予防対策11選と症状と対処 

寒くなってきましたね・・・。 ニュースでも「ヒートショック」が取り上げられる季節になりました。 「ヒートショック」は、高齢者が気を付けるものというイメージはありますが、先日のニュースでは20代の若者で …

毎年流行する子供の感染症の症状や特徴を知らないのはまずい!

   子供は、大人に比べて発熱することが多いですよね。 私は、5歳の娘が37℃超えると、欠席させようかどうか、登園時間ぎりぎりまで迷います。 一般的に、幼児の37℃は平熱同様だと言う医師もいますので、 …

旬の食べ物を食べて、子供たちと季節を楽しもう!食材60選

   旬の食べ物って、とってもおいしいですよね!  そして、旬の食べ物は、おいしいだけでなく、栄養価が高いです。  例えば夏野菜の代表のトマトは、年中購入できますが、やはり夏が一番栄養価が高くなります …


幼児ランキング


健康法ランキング