こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

海外旅行

LCCでの海外旅行の持ち物のおすすめは超軽量「セームタオル」

投稿日:2020年2月1日 更新日:

エアアジアなどのLCCで海外旅行をする際に、どうにか機内持ち込み手荷物のみで済ませたいと思いますよね。

そうするためには最低限度の荷物を持っていくことは基本ですが、軽い商品を選ぶと言うのも大切になります。

なんせ、一人7kg(10kgのLCCもあります)なのですから!

あと帰りのお土産の重さも考えないと~。

なので、行きは制限重量のマイナス1kg未満にしておくと安心ですね!

海外旅行に持っていく必須アイテムは何種かありますが、ビーチ等で遊んだり、暖かい国で汗をぬぐったりとタオルは必須になります。

でもタオルを何日か分で何枚も持っていくとなると、重さや体積が気になります。

今回は、LCCでの海外旅行でのおすすめのタオルをご紹介したいと思います。

  

セームタオルとは・・・

タオルは、日常の手拭きや汗ふきなどで何枚か持っていきたいところです。

特に子連れですと、無くてはならないものですね。

しかし、何気にかさばるし、重いです。

現地で洗濯するとしても、少なくても2~3枚持っていくことになります。

そんなにタオルだけに貴重な重さと体積を使いたくない!!!

と思いますよね・・・。

そこで、速乾性があり、洗濯が楽な「セームタオル」!!!

絞るとすぐに水分が外に出て、水分を吸収してくれ、何度も使えます。

そして、軽い!!!

できるだけ荷物をコンパクトに、そして軽くしたい海外旅行に最適です。

これ1枚あれば、何日でも過ごせます。

つまり!

海外旅行に持っていくタオルは、セームタオル1枚あればいいのです!

海でも大活躍!

濡れた体を拭いた後、セームタオルがびちょびちょになる

セームタオルを絞る

また、先ほどと同じように濡れた体を拭くことができる

セームタオルの汚れが気になったら、水道でじゃぶじゃぶ洗い絞る

体を拭く

という風に、絞ればまた普通の吸水性のあるタオルに戻るのです。

また、濡らしたまま首の周りに巻いておくだけでも、十分な暑さ対策になります。

私は、水泳部時代に使っていました。

これは、拭き心地も良いし、軽いしで海外旅行にもおすすめです!

でも、ずっと湿っている状態ですとカビの原因になりますので、就寝する際には、きれいに洗って干しておくことをおすすめします。

乾きすぎるとカチカチになってしまい、畳みにくくなりますが、そんな時には少し水分を含ませるといいです。

もしカビが生えてしまったら・・・

塩素系の漂白剤の原液をかけて15分くらいつけおきすると、ある程度落とすことができます。

さらに!!

体や手を拭くほかに、もう一つ利点があります!

セームタオルで洗濯物の脱水効果

活躍するのは、海外旅行で衣類の洗濯をした時です。

ホテルに脱水機があれば問題はないのですが、無いことの方が多いと思います。

衣類を洗い、手で絞っても、ぽたぽた水が垂れてしまう程度しか絞れません。

そうすると、次の日に洗濯物が乾きません。

このセームタオルがあると、洗濯物を手で絞った後、セームタオルで洗濯物を挟んで、洗濯物の水分をセームタオルで吸い取るという作業が可能になります。

洗濯物の水分を吸ったセームタオルを絞り、また洗濯物の水分を吸い取るといった作業を3回ほどすると、かなり脱水することができます。

そうすると、洗濯物が乾きやすい!!!

そうすると、持っていく洋服を減らすことができる!!

ということなんです!!

いろいろな大きさのセームタオルが販売されていますが、大きすぎると絞りにくいので、手ぬぐいサイズがいいでしょう。

ビーチで遊ぶとしても、そのサイズで十分です!

セームタオルのおすすめサイズ

普通サイズとして販売されているのが、34×44cmの大きさです。

これでももちろん十分なのですが、ビーチや暑い場所などに行く予定の方は、背中が拭きやすかったり、首にかけることができたりする横長タイプがおすすめです。

サイズは、21×69cmです。

調度よい湿り気の状態で70gです。

私が持っているのは、ミズノのセームタオルです。

材質

本体:PVAスポンジ,

中芯:ポリエステル100%

抗菌防臭加工

日本製

さらに大きいサイズもありますが、絞りにくくなりますのでご注意を。

まとめ

少しでも機内持ち込み手荷物を軽くしたい!

そんな時には是非ともセームタオルを!

そして、機内持ち込み手荷物のみでの海外旅行では、荷物をピックアップする手間もなく、スーツケースの破損や紛失を防ぐことができます。

そして、荷物が軽いと言うことは、移動が楽になるという良いこと尽くしです!!

身軽に旅に出かけましょう!!

-海外旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

LCCエアアジアの国際線が安くなる予約方法!!

エアアジアでは、座席指定、受託手荷物料金、機内食などは有料です。 荷物は手荷物のみ、座席は別にどこでもよい、機内食はいらない、目的地に行くことができればそれだけよいと言う方は、航空券のみの購入でOKで …

【口コミ】エアアジアタイ行き機内食の写真や値段や支払い方 

エアアジアの機内食の口コミを見ると、美味しいと言う方もいれば、まずくて食べられないと言う方もいます。 さて、実際はどうなのでしょうか? HPでメニューを見るととても美味しそうです。 今回、成田からドン …

エアアジアの国際線での持ち込み手荷物のまとめ!これで大丈夫! 

エアアジアなどのLCCの国際線では、受託手荷物が有料です。 せっかく航空券を安く購入できたのだから、 なるべく機内持ち込み手荷物のみで済ませたい! と思う方も多いと思います。 無駄な荷物を省けば、機内 …

エアアジアの成田空港でのチェックインから出国までの流れ

エアアジアで安い航空券を購入しても、席を予約したり、食事や飲み物を頼んだり、受託手荷物を頼んだり・・・とすると、金額が上がっていきます。 子連れですと、席がバラバラというわけにはいきませんので、席の予 …

【エアアジア】プーケットからドンムアンでフライスルー乗り継ぎ方法

エアアジアで、プーケット国際空港からドンムアン空港へ行き、フライスルーで乗り継いで日本に帰国する流れはなんとなくわかっているのですが、初めてだと不安は残ります。 ウェブチェックインしていれば、本当にカ …


幼児ランキング


健康法ランキング