こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

【熱中症対策】子供も飲める麦茶とハト麦茶がおすすめ!効果絶大!

投稿日:2020年6月3日 更新日:

自粛生活で運動不足になっています。

体力が落ちている中、今年は猛暑の予感・・・。

そして、子供たちは夏休みの日数を減らす予定なので、暑い中登校することになりそうです。

暑い中マスクをしての登校ですし、体力が落ちているので熱中症にもかかりやすそうで心配です。

対策しなくては!

まずは、水分補給です。

スポーツドリンクは熱中症予防には欠かせませんが、糖分が多いので摂りすぎに気を付けなくてはなりません。

そこで、「麦茶」「はと麦茶」もあわせて摂っていきましょう!

どちらとも、体にこもってしまった熱を冷ます効果があるので、夏場の水分補給に最適です!

昔から飲まれているだけあって、体にとても良い飲み物なんですよ。

今回は、「麦茶」と「はと麦茶」の効能や効果についてまとめました。

猛暑に負けずに元気に過ごしていきましょう!!

  

「麦茶」と「はと麦茶」の違い

両方ともカフェインレスなので、子供も安心して飲めます。

そして、両方とも体にこもってしまった熱を冷ます効果があるので、夏場の水分補給に最適です!

それでは、何が違うのでしょうか?

違いは原料です。

麦茶の原料・・・オオムギの種子

ハトムギ茶の原料・・・ハトムギの実

原料が違うので、成分の違いがあります。

麦茶の注目したい成分は「アルキルピラジン」という香り成分です。

はと麦茶の注目したい成分は「コイクセノライド」です。

どちらも聞きなれない成分ですが、うれしい効果を期待することができます。

「麦茶」と「はと麦茶」の効果・効能

麦茶とはと麦茶の効果・効能の大きな違いを見てみましょう!

麦茶に含まれる「アルキルピラジン」の効果・効能

血液をサラサラにする効果が期待できます。

この効果は、実験により実証されています。

夏は汗をかくので、体内の水分が減少しやすいです。

そうすると、血液の水分が減りドロドロになり、血栓ができやすくなります。

血栓とは、血管の中に血の塊ができてしまうことです。

血栓ができてしまうと、血流が悪くなってしまったり、血管を閉塞してしまったりしてしまいます。

血栓が原因の病気の一つとして、脳梗塞です。

麦茶で血栓を予防できるのは嬉しいですね!

はと麦茶に含まれる「コイクセノライド」の効果・効能

肌の細胞の代謝を高めることが期待できます。

肌のターンオーバーをサポートしてくれるので、肌トラブルの予防につながります。

実は、はと麦の皮を除いた種は、漢方薬の「ヨクイニン」として、古くから親しまれている生薬です。

肌荒れやいぼの治療に使われている漢方薬です。

はと麦茶を飲み続けて、水いぼがなくなったと言う口コミをよく見かけますので、はと麦茶でも効果はあるようですよ!

また、癌などの腫瘍を抑制することが実証されているので、はと麦茶は何気に凄いんです!

飲んですぐに効果が出るわけではないので、1ヶ月以上は飲み続けるとよいでしょう。

我が家もはと麦茶を飲んでいますが、味は麦茶と比べると、香ばしさが強いです。

6歳の娘も飲んでいますが、美味しく飲んでいますよ。

はと麦に子宮収縮作用があるので、妊婦さんはやめておきましょう!

まとめ

なんとなく飲んでいた麦茶も、効果を知るとすごい飲み物に感じますね!

血液サラサラ重視でしたら麦茶、お肌重視だったらはと麦茶、どっちも捨てがたかったら、両方飲んじゃう!

とりあえず、どちらともほてった体の熱を冷ましてくれるので、猛暑を元気に乗り切るための必須アイテムになりそうですね!

でも、飲みすぎると体を冷やしてしまうので、飲み過ぎにご注意を。

スポーツドリンクと合わせて、「麦茶」「はと麦茶」を飲むことをおすすめします。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。