こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

美容

化粧崩れを防止して夏でも綺麗を長持ちさせる!~原因と対策~

投稿日:

暑くて蒸し蒸しする夏、何が気になるって、化粧崩れが気になりますよね!

肌はべたつくし、汗をかくし・・・。

化粧崩れを防止するには、「肌のケア」と「正しいメイク方法」が大切になります。

今回は、化粧崩れを防止できるよう、ポイントをまとめました。

  

化粧崩れの原因

皮脂の分泌

皮脂による化粧崩れを感じる方は多いと思います。

実は、肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されます。

なので、皮脂で悩んでいる方はスキンケアで保湿をしっかりしましょう!

スキンケア

まず大切なのは、自分の肌に合ったスキンケアです。

自分が乾燥肌なのかオイリー肌なのか、普通肌なのか。

ご存知でしょうか?

肌に合わないスキンケアをしていると、肌の調子は整わず、化粧崩れの原因になります。

また、朝の洗顔も大切です。

寝ている間に出た汗や皮脂を落とさずに化粧をすれば、化粧は崩れやすくなります。

洗顔料を使って洗顔し、ぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

洗顔後は、皮脂の分泌量を抑えるために、しっかり保湿をしましょう!

気温が高くなると、皮脂分泌量がどうしても増えてしまいますので、皮脂が気になる方は普段のスキンケアに「収れん化粧水」をプラスしましょう。

洗顔後「収れん化粧水」をつけたコットンでパッティングすると毛穴が引き締まるのでおすすめです。

その後は、保湿できる化粧水をつけるなど、いつもの手順でケアしましょう。

敏感肌でも使える「資生堂 エリクシール」の収れん化粧水は、おすすめです。

化粧下地

スキンケア後に、化粧下地を塗っていますか?

じつは、化粧下地は、化粧崩れを予防するためには大切なアイテムです。

化粧下地は、皮脂に吸着してくれるので、化粧が崩れにくくなります。

使っていない人は是非とも使ってください。

私のおすすめの化粧下地は、「毛穴パテ職人」です。

プチプラなのに、いい仕事してくれます!

ファンデーションを塗るタイミング

スキンケア後すぐに化粧を始めるのは、実はNGです。

肌が濡れている上に化粧しても密着せず、化粧崩れの原因になってしまうからです。

なので、スキンケア終了後2~3分経ってから、化粧を始めましょう!

スキンケアの後に髪の毛をセットし、化粧をすると言う流れがスムーズです。

スキンケア後2~3分経ったら、一度ティッシュで押さえてから、化粧下地を塗ると完璧です!

ファンデーションの厚塗り

ファンデーションを厚く塗れば塗るほど、化粧は崩れます。

また、肌に密着させるために、スポンジを使ってポンポンと叩き込むようにすると、薄くきれいに塗ることができます。

化粧崩れをしたくなければ、リキッドファンでは、指で塗るのはNGです!

シミやニキビなど隠したいところは、コンシーラーを使いましょう。

最後にフェイスパウダーで押さえると完璧です!

汗も化粧崩れの原因です。

下地やマスカラなど化粧品は、ウォータープルーフの物を使いましょう。

でも、大量の汗をかいてしまうと、化粧は崩れやすいです。

顔周りを冷やすグッズを使うと、化粧崩れを予防できますし、熱中症予防にもなりますのでおすすめです。

首に下げて、下から顔に向けて風が来る「ブルーノ ウェアラブルファン」が一押しです!

生活習慣やストレス

きちんとスキンケアできていても、体調次第で皮脂が出やすくなってしまいます。

寝不足、食生活の乱れは、化粧崩れの原因になります。

リラックスできる時間を定期的に作れるといいですね!

化粧崩れを予防する朝のルーティン

①洗顔料を使って洗顔をし、ぬるま湯でやさしく洗い流す

洗顔する際には、こすりすぎないようにしましょう。

②収れん化粧水をコットンでパッティングする

③化粧水や乳液などでスキンケアをし、しっかり保湿する

④2~3分経ったら、化粧下地を塗る

指ではなく、スポンジでたたくようにして塗りましょう。

⑤ファンデーションなど化粧をする

リキッドファンデの場合、指ではなく、スポンジでたたくようにして薄く塗りましょう。

ファンデ終了後は、フェイスパウダーで押さえます。

化粧品は、なるべくウォータープルーフのものを使いましょう。

⑥暑い日は顔周りを冷やすグッズを使う

顔周りを冷やせば、皮脂の分泌や汗を抑えることができますので、化粧崩れ防止になります。

まとめ

化粧崩れ防止必須アイテムは、

・化粧下地

・ファンデを塗るスポンジ

・収れん化粧水

・フェイスパイダー

・保湿剤

・ウォータープルーフの化粧品

・顔周りを冷やすもの(暑い日)

ですね!

後は、化粧をするタイミングをお忘れなく!

皮脂が出てきたら、油とり紙ではなく、ティッシュで押さえる程度にしましょう。

油とり紙だと、皮脂を取りすぎてしまい、さらに皮脂を大量に分泌させてしまいます(汗)。

-美容
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。