こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

ヨーグルトは朝夜いつ食べる?おからプラスで効果アップ!

投稿日:

コロナの影響で、健康に気を付ける人が増え、以前と比べよく売れ始めた食品があります。

それは

1位 ヨーグルト 

2位 納豆 

3位 野菜

です。

どれも手軽に手に入る商品ですし、栄養価の高いものですね!

せっかく食べるのであれば、効果のある食べ方で食したいものです。

今回は、腸内環境を整えてくれるとよく耳にする「ヨーグルト」の効果のある食べ方についてまとめました。

  

ヨーグルトの期待できる効果

腸内環境を整える

腸内環境が整うといいことだらけです。

便秘解消が期待できます。

肌荒れが改善されます。

栄養素の吸収率アップが期待できます。

栄養素の吸収が上がると言うことは、代謝が上がることに繋がります。

代謝が上がると言うことは、燃焼しやすい体になると言うことですね!

そして、腸内環境が整えば、免疫力が上がります。

ダイエット効果

食前にヨーグルトを食べると、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。

血糖値の急上昇を防いでくれれば、中性脂肪の蓄積の抑制に繋がります!

朝と夜、食前食後、いつ食べると効果があるのか?

食前に食べることで、食べすぎや中性脂肪の抑制をするなど、ダイエットに効果があります。

その他の効果を考えると、腸の動きが活発になるのが睡眠中の時間になるので、食べた方のが総合的に効果を得ることができます。

そして、乳酸菌が胃酸に弱いので、胃酸が薄まった食後に食べることで効果をあげることができます。

ヨーグルトには様々な効果がありますが、腸活に重視すれば夜の食後が最大限にヨーグルトの効果を得ることができます。

睡眠中には、骨や骨格の形成にカルシウムが多く使われるので、のヨーグルトはおすすめです。

ダイエット重視・・・夜の食前

腸活重視・・・夜の食後

どちらとも21時までに済ませましょう。

もっと効果を高めたい!!

そう思いますよね!

そんな方は、「おからパウダー」をプラスしましょう!

腸活力アップ!ダイエット効果アップ!おからヨーグルト!

ヨーグルトにおからパウダーを混ぜるだけで、効果を高めることができます。

大豆ペプチドの効果で体脂肪を減らし、おからの食物繊維でさらに腸活力アップです!

大豆イソフラボンで美肌!

そして、低カロリーなのに腹持ちがいい!!

おからパウダー自体に味がほとんどないので、食感のみが変わります。

おからパウダーをたくさん入れれば、舌触りがざらつく固いヨーグルトになります。

お好みで調整すればいいのですが、最初は少なめから始めるといいと思います。

私は、はちみつをかけて食べています。

はちみつの糖がヨーグルトの菌のエサになって、いい菌が増えるそうですよ!

食べるタイミングは、先ほどと一緒で、ダイエット重視か、腸活重視かですね!

まとめ

ダイエットに良し、腸活に良しのヨーグルトです。

でも、食べすぎには気を付けましょう。

食べる量は、1日200gくらいがベストと言われています。

また、2週間同じヨーグルトを食べ続けることで、そのヨーグルト内の菌が腸内に定着し効果が上がります。

2週間経ってもあまり効果を感じない場合は、違うヨーグルトに変えて再度2週間トライしましょう!

自分に合ったヨーグルトに出会うのも、効果アップに繋がります。

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。