こども・ママ・元気

こどもとママが元気なら、家族も元気に!子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

味噌の賞味期限はどのくらい?未開封と開封後の違いと保存方法

投稿日:


スポンサードリンク

日本で育つと、給食を含め味噌汁を飲む機会が多いので、味噌に親しみを持っている人は多いことと思います。

親しみのある食品だからこそ、独り立ちした際の自炊でも、味噌を購入したくなるのですが・・・

使い切れない!!

という事態にもなるんですよね・・・(汗)。

そこで思うのが、

味噌っていつまで食べることができるの?

賞味期限切れたらどうなるの?

だと思います。

今回は、味噌の賞味期限についてとおすすめの保存方法についてまとめました。

  

味噌の賞味期限切れ 未開封VS開封後

味噌とはいえ、たくさんの種類が売られています。

だし入りとか液体みそ等、味噌以外のものが調合されているものは、腐敗しやすいので要注意です。

未開封なら賞味期限切れから3か月以内、開封後は冷蔵庫保存で2ヶ月以内に食べきれるといいです。

さて、今回はそのような味噌以外のものが調合されていない「加工されていない味噌」つまり「普通の味噌」について書いていきます。

味噌は、発酵食品です。

味噌は、未開封であっても開封後であっても、熟成が進みます。

しかし、開封すると酸素に触れますから、未開封の場合より風味が落ちやすくなります。

そして、熟成が進むと味も変化していきます。

同じ商品でも、製造日からの日数で味や風味が変化すると言うことです。

通な人は、自分の好みの味噌の、好みの熟成日数を把握し、食するようですよ~。

熟成が進むにつれて、味や風味が変化する他、味噌の色の変化や水分が出てくるなど見た目の変化があります。

色は熟成が進むにつれ黒味が増していくので、食べることができるのか・・・と心配になりますが、食べることができるのです!

開封したかしないかというより、どちらにしろ熟成が進み、味や風味の変化があるのです。

色の変化が起きてくると、本来味わってもらいたい風味が味わえなくなります。

美味しいかどうかを考えなければ、カビが生えない限り、味噌はいつまでも食べることができるのです!

(※明らかに見た目がおかしかったり、味が変だったりする場合は捨てましょう!)

熟成が進んでしまった味噌は、風味が落ちるので、風味が勝負の味噌汁には向かなくなります。

色の変化が起きてきた場合や、賞味期限から日数が経ってしまった場合は、味噌炒めやソースの隠し味、味噌煮込みなどに使用するといいでしょう!

開封後、いかに美味しさを保っていくかは、いかに乾燥させないかと熟成を抑えるかにポイントが置かれます。

味噌の開封後の上手な保存方法

味噌のパックを購入すると、味噌の上にがのっていると思います。

これは、味噌を乾燥と酸化から防ぐためです。

どの食品も酸化すると味が落ちます。

味噌を使用するごとに、きちんとこの紙をのせることが、味噌の乾燥を防ぎ、味噌の美味しさを保つ秘訣になるのです。

もし無い場合は、同じようにラップを被せておきましょう。

また、味噌に雑菌が付かないよう、乾いた清潔な用具で使用する分を取り出すようにしましょう。

そして、いかに熟成を抑えるか・・・なのですか、冷蔵保存することで、熟成速度を遅らせることができます。

なので、特に開封後は冷蔵保存をしましょう!

明らかに食べきるまでにかなりの日数がかかってしまいそうな場合は、冷凍保存しましょう!!

常温だと熟成速度が一番早いのですが、冷蔵でも若干熟成されていきます。

しかし、冷凍すると熟成を進める酵母菌が休眠状態になるので、風味を保つことができるのです!

味噌を冷凍する

味噌は、家庭で使われている冷凍庫では凍りません。

でも、冷凍することで熟成を止めることができるので、風味を保つことができます。

冷凍する時には、一回分ずつラップに包むか、冷凍用の保存容器に移し替えて冷凍しましょう。

どちらにしろ、よく密閉することが風味を保つコツです。

味噌は凍らないとはいえ、ラップにくるんで冷凍すると、剥がしやすいくらいには固くなります。

また、保存容器に入れて冷凍しても、使いたい分だけスプーンですくい取ることができますので、どちらの方法でも平気です。

まとめ

味噌は、カビが生えない限り食べることができる味噌ですが、なぜ賞味期限が記載されているのでしょうか?

それは、美味しく食べる目安になるからです。

美味しくなくても良ければ、カビが生えない限り食べることができると言うことです。

(※カビの部分周辺を多めに取り除けば、食べることができますが、味のチェックをしてから使用しましょう!

少しでも味が変に感じたら捨てましょう!)

でも風味が売りの味噌ですから、美味しく食べたいものです。

味噌の色の変化がないうちに食べるのが一番おいしいと言われています。

記載されている賞味期限内に食べるのが一番ですが、賞味期限切れ3か月以内に食べることをおすすめします。

また、開封後すぐに半分を冷凍保存してしまうのも手です。

乾燥や酸化から防ぐことと熟成を遅らせることが味噌の美味しさを保つ秘訣です!

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。