こども・ママ・元気

こどもとママが元気なら、家族も元気に!子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

黒にんにくの凄すぎる効果効能

投稿日:


スポンサードリンク

私の両親が「黒にんにく」を毎日食べるようになって2年経ちました。

この2年風邪をひかなくなったのと、以前はめまいや頭痛で悩んでいたのにそれが改善できたとのことで、勧められました。

私も健康維持のために「黒にんにく」を食べ始めて1ヶ月経過しました。

肌の調子がいいのを実感しています。

黒にんにくは、品種ではありません。

スーパーで見かける白いにんにくを約1ヶ月かけて熟成させたものです。

今回は、栄養価が高いと言われている黒にんにくの効果効能についてまとめました。

  

黒にんにくとは?

冒頭でお話しましたが、黒にんにくはもともと普通の白いにんにくです。

白いにんにくを適した温度と湿度でじっくり1ヶ月程度熟成させると、黒にんにくになります。

にんにくに含まれている成分の「アミノ酸」と「糖分」が化学反応を起こし、白いにんにくが黒くなります。

でも・・・

結局にんにくなんだから「白」でも「黒」でも摂取すれば効果があるのでは?

と思うのですが、熟成させたことによって栄養価がグーンと上がるのです!

特に健康に効果ある成分はこちらです。

・S-アリルシステイン

・アルギニン

・ポリフェノール

・各種アミノ酸

S-アリルシステインはにんにくのみに含まれる栄養成分です。

黒にんにくは、にんにく特有の臭いがなくなるので、口臭を気にせずに食べることができます。

味は、例えようがない独特な味ですが、私は納豆に混ぜて食べていますが、美味しいです。

それでは、黒にんにくに多く含まれる上記の成分はどのような効果が期待できるのか見ていきましょう!

黒にんにくの効果①血圧を下げる

黒にんにくに含まれる「S-アリルシステイン」は、血液の流れをスムーズにしてくれます。

血液の流れがスムーズになることは、血圧を下げる効果が期待できます。

実際に「S-アリルシステイン」が血圧を下げる効果が研究で実証さています。

「S-アリルシステイン」は、白いにんにくにも若干含まれている成分ですが、黒にんにくにはその10倍以上の量が含まれているので、黒にんにくの方が効果が高いと言われています。

他にも、黒にんにくに含まれるアミノ酸「GABA」にも、血圧を下げる働きがあります!

黒にんにくの効果②免疫力アップ

血液の流れをスムーズにしてくれる「S-アリルシステイン」ですが、免疫細胞を活性化する働きがあります。

血液の流れがスムーズになると言うことは、毛細血管隅々まで十分に栄養を運ぶことに繋がるので、免疫力が上がります。

こちらも、研究で実証されています。

その他にも、「アルギニン」「アミノ酸」「ポリフェノール」を豊富に含んでいる黒にんにくは、免疫力をアップさせることは大いに期待できます。

黒にんにくの効果③記憶力アップ

またまた「S-アリルシステイン」です!

「S-アリルシステイン」には、記憶力を衰えさせてしまう成分を蓄積させないようにする働きがあると言われています。

また「S-アリルシステイン」は、脳内の記憶をつかさどる「海馬」の神経細胞の再生を促すことが、研究で実証されています。

他にも、黒にんにくに含まれるアミノ酸「ピログルタミン酸」にも、記憶力の衰えを防ぐ働きがあります!

記憶力はどうしても衰えていきやすいので、ありがたい効果が期待でき嬉しいですね!

黒にんにくの効果④癌予防

なんと「S-アリルシステイン」には、癌細胞を攻撃撃退すると言われている「NK細胞」を活性化させる働きがあると言われています。

このことはテレビでも取り上げられていました。

NK細胞の活性を高めることは悪玉細胞を殺してくれる事に通じるので、癌予防を期待することができます。

黒にんにくの効果⑤疲労回復

黒にんにくに含まれる「アルギニン」は、疲労感の原因になる「アンモニア」を除去してくれます。

栄養ドリンクにも使われている成分です。

黒にんにくの効果⑥美肌

「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」には、抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。

肌をダメージから保護するなど、シミやしわの予防をしてくれます!

まとめ

黒にんにくならではの成分「S-アリルシステイン」は凄い成分ですね!

黒にんにくを食べる量は、1日1粒でいいんです。

そして安心の無添加!

それで、上記のような効果が期待できるのであればありがたいことです。

今後も食べ続けていこうと思います!

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。