こども・ママ・元気

子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

園芸

リゾートガーデンにバナナの木に似た植物「芭蕉の木」がおすすめ!

投稿日:2020年10月20日 更新日:

庭をリゾートガーデンにしたい!という方は多いと思います。

私も、

毎日の生活をリゾート感覚で過ごしたい!

と思い、ココスヤシやソテツ、ドラセナ、コルジリネ等を植えています。

これだけでもリゾート感が出るのですが、バナナの木にそっくりな「芭蕉の木」がさらにリゾート感を出してくれています。

この芭蕉の木は耐寒性があり、しかもメンテナンスが簡単です。

バナナの木はよく販売されていますが、20~30℃が栽培に適した温度で耐寒性がありませんので、庭木にはできません。

我が家の芭蕉は、鉢植えで育てて5年目になります。

今回は、芭蕉の木の育て方についてまとめました。

  

芭蕉の木とは

バナナの木とそっくりな芭蕉の木ですが、どちらもバショウ科バショウ属の大型多年草です。

芭蕉の木の原産地は中国です。

バナナの木は1年中20度以上の気温がある土地でしか庭木にできませんが、芭蕉の木は関東の地域であれば、庭木にすることができます。

なので、日本の本州の庭木で見かけるバナナの木のようなものは、すべて芭蕉の木ですね~。

地植えをすると、2~3mくらいになります。

我が家は鉢植えですが、1mちょいくらいです。

夏から秋にかけて花が咲き実が付きます。

我が家は鉢植えで5年目ですが、花が咲き実がなったことはありません。

芭蕉の木の地植えに注意!

地下茎でどんどん増えていきますので、地植えには注意です!

手に負えないくらい広がりますので、広大な土地ではない場合は、鉢植えをおすすめします。

育て方

育て方は簡単です。

鉢植えの場合、2~3日に1度たっぷり水をあげ、枯れた葉を切ってあげましょう。

剪定ばさみで簡単に切れます。

草なので剪定の時期は特にありません。

また、茎に乾いた皮がつくので、害虫予防に取ってあげます。

肥料は、4月ごろと7月ごろの2回、有機肥料をあげると元気になります。

肥料をあげなくても大丈夫です。

耐寒性があるので、1年中外で過ごさせても大丈夫なのですが、我が家では11月末ごろ室内に移します。

室内で冬を越すと、冬の間、葉が緑のままインテリアとして飾ることができます。

外で冬を越すと、葉や茎はすべて枯れます。

しかし、春になると新しい芽がどんどん生えてくるので心配ありません。

芭蕉の実を食べるには?

バナナの木は果実を食べることができますが、芭蕉の木に実るバナナそっくりの果実は食べることは難しいです。

追熟を上手にさせないと食べることができませんが、その追熟が難しいようです。

芭蕉の木の株分け

どんどん新しい芽が出てきます。

4月から9月ごろに株分けしましょう。

根に土ができるだけ多くつくように掘り、分けるといいです。

仮にその株分けした株が枯れてしまったとしても、隣から新しい目が出る可能性がありますので、枯れても少々待ってみましょう。

松尾芭蕉と芭蕉の木

芭蕉と言うと思いだすのが、松尾芭蕉だと思います。

実は、芭蕉の木からつけた俳号なんですよ!

まとめ

芭蕉の木は、他の庭木と比べ葉の形が他にはない素敵な形なので、インパクトのあるリゾート感を出すことができますよ!

育て方も簡単で、おすすめの庭木の一つです。

他にも、リゾートガーデンにおすすめのココスヤシ、ソテツ、コルジリネについて書いてます!

どれも育てやすくておすすめです!

↓↓↓↓↓↓

ココスヤシを庭に地植えしたい!要スペース確保!

庭木のソテツの成長と剪定方法

庭を彩り風水的にも良いコルジリネ・レッドスターの育て方

-園芸
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。