こども・ママ・元気

こどもとママが元気なら、家族も元気に!子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

生活

健康運をアップするにはトイレが重要!

投稿日:


スポンサードリンク

健康を気にして食事をしたり、運動したりしているのに、なんだかいまいち・・・という時があるかと思います。

そんな時に気にしてほしいのが、家の水回りです。

風水では、悪い水の気が病を呼ぶと言われているからです。

汚いトイレに入ると気分がよくないのは、悪い気を感じ取っているからかもしれません。

水回りを清潔に保つことで、健康運だけではなく、全体の運気が上がると言われていますよ!

今回は、健康運を上げるトイレについてまとめました。

  

トイレの悪い気を浄化する方法

トイレは普段から悪い気が溜まっています。

トイレを清潔に保っていても悪い気は溜まっていきます。

いかに悪い気を減らすのかがポイントになります。

それでは、どのようなことが悪い気を浄化してくれるのか見ていきましょう!

・日光が当たる

日光が当たらない環境にある場合は、電気をつけておくことで代用できます。

・便器の蓋を閉める

トイレの便器の蓋を開けっぱなしにすると、便器内の悪い気が家中に広がってしまうので、使用後は閉めてください。

使用後、水を流す前に蓋を閉めましょう。

・換気をする

空気を入れ替えることで、いろいろな「気」が溜まった部屋の空気を空にします。

空にすることで、良い「気」が入りやすくなります。

これは、トイレだけではなく、すべての部屋にも言えます。

・清潔にする

トイレ掃除は、悪い気が1番溜まっている床から掃除しましょう!

1日1度は床を拭くのがベストです。

・トイレマットを敷く

トイレマットは、床に溜まる悪い気を受け止めてくれるので、敷くことをおすすめします。

トイレマットに悪い気が溜まるので、数日に一度は洗濯しましょう。

・スリッパを履く

スリッパを履くことで床に溜まった悪い気を直接踏まないで済むので、スリッパは必須アイテムです。

床を拭いた時に一緒にスリッパの裏を拭いてあげ、悪い気を取りましょう。

・日光が当たる

・便器の蓋を閉める

・換気をする

・清潔にする

・トイレマットを敷く

・スリッパを履く

この6点を実施することで、だいぶ悪い気が浄化されると言われています。

これだけでもかなり悪い気は浄化されるのですが、避けたいことがいくつかあります。

トイレに置物はNG?

トイレ内を素敵にするために、飾りつけしたい!という気持ちになると思います。

しかし・・・

悪い気が溜まりやすいトイレです。

置物によっては悪い気を吸い込んでしまい、浄化されにくくなってしまいます。

トイレには置かない方が良いものはこちらです。

・絵画

・写真

・カレンダー

・本

・時計

・猫の置物

・造花

・ドライフラワー

・プラスティック製品等

紙類、布製品、プラスティック製品は、トイレの悪い気を吸収して溜めてしまいますので、置かないようにしましょう。

なので、トイレットペーパーも紙類ですから、必要分だけ用意するよう心がけてください。

時計やカレンダーなど時を表すものは、時に悪い気が入ってしまうので避けたほうが良いでしょう。

また、トイレ掃除用具は見えないように収納することが大切です。

そして、猫!

猫が持つ気と水が合わないので空気が乱れてしまいます。

飾り物がないとパッとしない・・・と感じる人もいらっしゃると思います。

悪い気を浄化してくれる置物ありますよ!

トイレの悪い気を浄化してくれるおすすめの置物

・観葉植物

・生花

・アロマストーン

観葉植物や生花は悪い気を浄化してくれます。

でも、ほこりが溜まっていたり、枯れていたりすると逆効果ですので、管理をしっかりしましょう。

また、いい香りも悪い気を浄化してくれます。

アロマストーンは様々な種類が販売されていますので、お好みに合わせて置くといいですね!

まとめ

水回りは、トイレの他にに洗面所やキッチン、お風呂場などがあります。

そちらも清潔に保てるよう心がけると、更に健康運が上がると言われています。

水回りを清潔にして、健康運アップを目指しましょう!

健康運に関係なくても、清潔は気持ちがいいものです。

また、玄関に水晶を飾ると健康運がアップすると言われていますよ!

我が家も飾ってます~!

ゲン担ぎにこちらもどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

仕事・出世・勝負・受験に関する縁起の良い動物でゲン担ぎ!

縁起が悪い食べ物リスト!ゲン担ぎしたい!

縁起のよい食べ物リスト!仕事、お祝い、勝負にゲン担ぎ!

金運をアップさせる色・財布・数字・食べ物・飲み物・習慣!

-生活
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。