こども・ママ・元気

こどもとママが元気なら、家族も元気に!子育てや生活、美容に役立つママが知っておきたい情報について書いています♪

健康

室内で手軽にできるおすすめの運動7選!

投稿日:


スポンサードリンク

運動不足を解消したい。

でも、ジム通いやジョギングは嫌・・・。

人の目のない自宅で、リラックスして運動がしたい!!

そんな時に、運動できる器具を欲しくなるのですが・・・

エアロバイクなどを買っても、続くかわからないし、お金がかかる上に場所をとります。

室内で運動したいけど、どんなことができるのか知りたいと言う人のために、今回は、自宅の室内で手軽にできる運動をご紹介したいと思います。

  

ラジオ体操

子供の頃にやったことがある人がほとんどだと思います。

ラジオ体操は、全身を使うように考えられた優れた運動です。

気になる消費カロリーですが、ラジオ体操第一・第二約6分間の運動で、約20キロカロリーの消費です。

やや早歩きのウォーキングと同じくらいの消費カロリーです!

全身を動かしますから、体がすっきりしますよ!

しかし、ラジオ体操がやりたくても、全部覚えていないですよね(汗)。

でも大丈夫です。

NHKで放送していますので、録画したり、リアルタイムで取り組んだりできます!

ラジオ第1(毎日)6:30~6:40

ラジオ第2(日曜以外)8:40~8:50 、12:00~12:10、15:00~15:10

※2021年2月現在

YouTubeでも、ご覧になれます。

家族全員で取り組むのも楽しいですね!

YouTube

ラジオ体操もYouTubeで見ることができますが、多くの室内体操が紹介されています。

筋トレ、ブートキャンプ、ヨガなどなど、自分の好みに合った運動を探し、配信を見ながら一緒に運動することができます。

1人だと孤独感がありますが、ユーチューバーの方と一緒に運動すれば楽しいですし、自分では思いつかない運動をすることができます。

ラダートレーニング

サッカーのトレーニングで、地面に「はしご」のようなものを置いて、細かく足を動かしたり、ステップを踏んだりする姿を見かけたことはありませんか?

それが、プロのサッカー選手も走力をあげるために、トレーニングの一環として取り入れている「ラダートレーニング」です。

ラダーを購入しなくても、床に養生テープを貼って、トレーニングをすることができます。

我が家も養生テープを貼って、ラダートレーニングをしています。

賃貸の場合は、ラダーを購入した方がいいです。

何気に汗ばみますよ。

しかし、マンションだと下に住む人を考慮しないといけません。

トレーニング方法はこちらにまとめてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ラダートレーニングの効果と幼児のトレーニングメニュー6選

踏み台昇降

段差の上り下りを繰り返す運動です。

専用のステップ台が販売されていますが、子供用の踏み台や、階段、雑誌を重ねるなどして、家にあるもので代用して取り組むことができます。

好きな音楽を聴いたり、テレビを見ながらできるので、飽きずに取り組むことができますよ!

こちらもすぐに汗ばみいい運動になります。

場所を問いませんが、マンションだと下に住む人を考慮しないといけません。

詳しくはこちらにまとめてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

踏み台昇降は健康効果あり!~時間とやり方~

バランスボール

バランスボールに座ることで、バランスを崩さないよう体幹が使われます。

簡単な動きをするだけでも、結構疲れます。

昔流行ったので、実家に眠っているかもしれませんよ!

詳しくはこちらにまとめてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バランスボールは座るだけでも効果がある!おすすめエクササイズ5選

チューブトレーニング

ゴムチューブを利用した筋力トレーニングです。

ゴムチューブを引っ張る時にも筋肉を使うのですが、縮んで元に戻るときの抵抗力もいい刺激になります。

ゴムチューブさえ手に入れれば、部屋のどこでもトレーニングをすることができます。

全身の筋肉を鍛えることができます。

結構疲れます。

体の引き締めにいいですね!

エア縄跳び

庭があるのであれば、外で縄跳びもありですが、一目を感じずにやるのなら、部屋でエア縄跳びがおすすめです。

下半身の筋力アップと引き締め効果が期待できます。

手に何も持たずに、縄跳びをするイメージで、ジャンプしてもいいのですが、味気ないようでしたら、エア縄跳び用のアイテムが販売されています。

縄跳びが苦手でも、エア縄跳びなら縄にひっかかることはありませんから、ストレスなく取り組むことができます。

場所を問いませんが、マンションだと下に住む人を考慮しないといけません。

まとめ

最初から張り切りすぎず、少しずつ継続して取り組んでいくことが大切です。

ストレッチだけから始めてもいのです!

運動をすることにより血流が良くなり、血液がきれいになったり生活習慣病の予防になったりします。

大きな器具を購入して長続きしなかったことを後悔しないために、手軽に取り組める運動から始めましょう!

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。